21/01/31 府中市美術館「与謝蕪村」展チラシのおしらせ

こんにちは。
展覧会チラシのお仕事をしまして、ちょっとおしらせを書かせてください。



チラシweb1_2


府中市美術館の毎年恒例「春の江戸絵画まつり」、
2021年の「与謝蕪村 『ぎこちない』を芸術にした画家」展覧会チラシにて、
コラムをかかせていただきました。

先日、チラシ実物が届きました。
表紙のうさぎさんとオレンジがまぶしいですね。
うさぎさんは、展覧会初出品作品〈「涼しさに」自画賛〉より。
オレンジは、毎年恒例「春の江戸絵画まつり」カラーです。(毎年微妙に色味が違ってにくらしいです)



チラシweb2_2


チラシはA4二つ折り。
裏表紙的ポジションに、「ぎこちない蕪村の話」という題で、絵と文章をかいております。

チラシは、府中市美術館さんのwebサイトでもご覧いただけます。
表紙はもちろん、中面にも、たくさんの出品作品、どれもこれも興味深い絵が散りばめられ、
展覧会の内容やみどころも、読めば読むほど、たのしみが膨らんでわくわくしてきます。

だって……「ぎこちない」ですよ……「ぎこちない」……
蕪村に「ぎこちない」……この……絶妙な語感……「そうきたか……!」と「わかる……!」の両方にクリティカルヒットをかます……
そしてこの……「与謝蕪村」ときたら多くの人がイメージするであろう雰囲気を……ぴょんと飛び越えていく……チラシとポスターのたのしさ……この感じ……
さすが……府中市美術館春の江戸絵画まつり……
(告知というよりただの春の江戸絵画まつり激推し人間による本音だだ漏れコメント)

展覧会は最高ですので(確信)、ぜひぜひよろしくお願いします。
「春の江戸絵画まつり」は毎年本当に楽しく、おもしろく、刺激がいっぱいです!!
今年の蕪村展も、お仕事のなかで、いろいろ展覧会の内容や作品のことを伺ってまいりましたが、
間違いなく「これまでにない」蕪村展になるので、蕪村ファンから初蕪村の方まで、
たくさんの方にご覧いただきたいと、心の底から思います。
私自身も、とてもとても楽しみなのです。ふるえて待つ。

コラムの制作にあたり、
実際に作品を拝見したり、取材や撮影にお邪魔したり、たくさんの貴重な体験をさせていただきました。
思い返すだに夢のようなことばかりで、感謝してもしてもしきれません。
あまりのことに、MAJIで卒倒1秒前みたいな瞬間が数多ありましたが、奇跡的に一度も正気を失いませんでした!すごい!

例年、いちファンとして推してまいりました春の江戸絵画まつりですが、
これまで個人的に書いてきた感想やレポをご覧いただけただけでもうれしすぎるのに、
まさか公式で推させていただけるとは……
未だに信じられないような気持ちで、ずっとそわそわしています。落ち着け。

そんなわけで今年も、府中市美の春の江戸絵画まつりを全力で、
かつ例年より長めに、頻繁に、推してまいりますが、
どうぞよしなにお願いいたします。

***

府中市美術館

春の江戸絵画まつり 与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家

〈会期〉2021年3月13日(土曜日)から5月9日(日曜日)まで

前期:3月13日(土曜日)から4月11日(日曜日)まで
後期:4月13日(火曜日)から5月9日(日曜日)まで
*全作品展示替えではありませんが、大幅な展示替えがあります。

*その他、詳細は展覧会webサイトをご覧ください。

☆展覧会twitterでも情報が更新されます。こちらもぜひ!

コメント

非公開コメント